大腸内視鏡

大腸がんについて

大腸がんは、戦後から1990年代までに急速に増加したがんの1つです。新たに大腸がんになった患者数(=羅患数)は毎年10万人を超えるようになっており、2020年には、胃がん、肺がんを抜き、死因の第一位になると予測されています。
日本における大腸がんの現状(外部リンク)

大腸がんも高齢になるほど羅患のリスクが高まる病気で、40歳代から上昇していきます。また、男女で比較した場合、男性に多い傾向がみられます。

大腸がんの死亡者数はこの20年で2倍以上に増え続けていますが、大腸がんで死亡する人は、羅患者の約3割といわれています。これは、大腸がんの生存率が比較的高く、また、治すことができるがんであることを示していると考えられます。

しかし、大腸がんは早期に自覚症状がないため、気づきにくい病気です。また、大腸がんの羅患率が上昇するのは40歳を過ぎてからです。40歳になったら定期的な検診を受け、がんを早期発見することがとても重要です。早期発見により、命を落とす最悪の事態を避けられる可能性が確実に高まります。

大腸内視鏡とは?

全大腸を観察する検査です。

肛門から大腸の最も奥まで挿入し、画質の良いハイビジョンモニタで小さな粘膜の変化も観察できます。
また、切除すべきポリープか、あるいは経過観察が可能なポリープかを即座に判断できます。切除すべきポリープは、可能な限り切除します。抗血栓剤(心筋梗塞後、脳梗塞後などで血をさらさらにする薬)を服用中の患者さんは可能なら中止し後日切除となります。

当クリニックでは、プライバシーに配慮し、テレビ・トイレ付きの個室を(4部屋)ご用意しております。周りを気にせず、リラックスした状態で検査をお受けいただけます。

このような方は検査をお勧めします。

  • 便潜血反応が陽性だった
  • 血便が出る
  • 便が以前に比べて細くなった
  • 年齢が40歳以上
  • 大腸内視鏡検査をしてから5年以上経過している
  • 大腸ポリープを切除し、2年以上経過している
  • 大腸がんが心配

検査で見つかる代表的な病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室症
  • 潰瘍性大腸炎
  • その他炎症性腸疾患
  • 痔系統疾患

大腸内視鏡は苦しいと聞きましたが本当ですか?

苦痛に感じる原因は主に2つあります。

●内視鏡による腸の圧迫

日本人の大腸の平均的な長さは1.5〜2mです。細長い管がお腹の中に曲がりくねって納まっています。
曲がり角を通過する際、スコープで腸を圧迫すると、痛みを感じます。
そのため、医師の技術力が「痛い」・「痛くない」に影響をします。
当クリニックは内視鏡専門のクリニックです。大腸検査を15,000件以上施行経験のある医師が検査を行ないますので、安心して検査を受けていただけます。

●腸内に入れた空気によるお腹の張り

腸内を検査するためには、空気を入れることで観察に必要な空間を確保する必要があります。
この空気がなかなか抜けず、お腹が張ることで痛みを感じることがあります。
当クリニックでは空気ではなく、腸に高速吸収されやすい炭酸ガスを用いますので、施術後のお腹の張りは軽減されます。

検査の流れ

内視鏡検査は痛いというイメージがありますが、当クリニックでは、苦痛のないような検査法を取り入れ、患者様の負担を減らす内視鏡診断・治療に努めています。


予約のお申し込み
下記電話番号へ大腸内視鏡検査希望の旨をお伝えいただき、検査前の外来受診日を決めます。以前院長の検査を受けた、または他院にて大腸検査を受けたことがあり、大腸検査の前処置の仕方がわかる方は検査のみの予約も可能です。(検査の仕方など不安がある方は一度受診することをお勧めします。)
TEL:089-915-7677
検査前受診
検査前に事前に来院いただき診察を受けていただきます。また、検査を安全に行なうために、初めての方は血液検査を受けて頂くことがあります。
その他、検査に関する必要な事や注意事項などについてご説明します。
検査前日
大腸内視鏡の検査をするために、事前に大腸の中を空っぽにしておく必要があります。検査前受診の時にお渡しするパンフレットに詳しい内容を記載しています。パンフレットをご確認いただき、準備をしてください。
検査当日
事前予約いただいた日時にご来院いただき、受付をしてください。
検査時には鎮静剤を注射をしますが、希望がない方にはしませんのでその旨を医師、看護師などにお伝えください。
検査には医師の他、看護師が数名が同室し、患者様の状態を常に観察します。
検査に必要な時間は約10分程度ですが、ポリープを発見し、切除する場合30分ぐらい要することもあります。
検査後は患者様の状態を考慮しながらリカバリールームで1時間以上、安静にしていただきます。

検査の費用

<<3割負担の場合>>

■異常がなかった場合

6,000円前後


■疑わしい組織があり、組織の一部を採取して組織検査をした場合

10,000円〜15,000円前後


■ポリープの切除を行なった場合

30,000円前後